注文住宅の価格を抑えるコツ

注文住宅の価格は高いって思い込んでいませんか?

 

注文住宅を建てたいけど「価格が高そう…」という理由から
建売住宅を選んでしまう方がいます。

 

建売住宅は既製品、注文住宅をオーダーメイドと例えられるので
価格が高いと感じてしまうのはよくわかります。

 

スーツやシャツなどでも、大量生産できる既製品は安く
オーダーメイドの方が高価ですからね。

 

 

もともと建売住宅は建築コストを抑えることを前提として設計されており
さらに、コストを抑えた設備や部材を使用するなどによって
注文住宅に比べて価格を低くすることができるのです

 

だからと言って、注文住宅をあきらめるのはもったいないですよ。

 

 

たしかに注文住宅と建売住宅の価格の平均を比べてみると
建売住宅よりも高くなるケースが多く、数百万円もの差が出ることも。

 

ただし、これはあくまで平均の価格
すべての人に当てはまるものではありません

 

 

注文住宅には、自分の予算内で
費用をかけるところと抑えるところを調整できるというメリットがありますから。

 

例えば、キッチンは高額なものにするけど
それ以外は安価なものを使用するなど。

 

このように費用にメリハリをつけることによって
価格を抑えることができるのです。

 

 

本当に価格は抑えられるの?と思うかもしれませんが
実は、ハウスメーカーや工務店に見積もりをとってみると
同じ条件でお願いしているのに100万円以上もの差があります。

 

また、同じハウスメーカーであってもプラン内容によって価格差が出ます。

 

ということは、100万円以上も価格を下げることは可能なのです。

 

 

価格が高いと言われている注文住宅ですが
建売住宅と同じとまでは行かなくても
それに近い金額で建てることができるのです。

 

しかも、自分で決めた間取り、外観、設備なので
満足できる新築一戸建てとなります

 

 

そうはいっても勝手に価格が下がり、満足できる注文住宅が購入できるわけではありません。
そのためには、ある程度の注文住宅についての知識が必要ですので、当サイトでは、

  • 価格の内訳
  • 建物の価格は何で決まるか
  • 価格を抑えるコツ

などについて紹介しています。

 

 

これから数十年も住み続けるのですから
このサイトをきっかけにして素敵な新築一戸建てにしてくださいね。