注文住宅の価格を抑えるコツ

コストを抑えることができる間取りやデザイン

 

注文住宅では、延べ床面積が広いものほど
価格が高くなるのが一般的です。

 

同じ面積の建物の場合は、
部屋数が多くなるほど価格が高くなります

 

 

これは各部屋を仕切るために使われる壁材の量が多くなるからで
コストが高くなるのは仕方がありません。

 

ということは間取りの決め方でコストを抑えられるかどうかが大きく変わるのです。

 

 

例えば、お子さんが2人いるご家庭の場合。

 

家を建てるときはお子さんが小さいので子供部屋は必要ありませんが
将来的にはそれぞれに部屋を与えたいと要望される方は非常に多いのです。

 

このとき部屋を2つにすることを考えてしまいがちですが、
DIYで簡単な壁を作って仕切るという方法があります。

 

ほかにも間仕切り用として家具や建具を置いたり、
アコーディオンカーテンをつけるなどすれば
1部屋を手軽に2部屋にすることができるのです

 

 

お子さん達が独立して家を出て行ったときには、
また大きな1つの部屋として使えるというのもメリットですよね。

 

このように元々2つの部屋にする予定だった部分を
1つの大きな部屋に変更すれば大きくコストを削減できるのです。

 

 

 

ほかにもLDKを広くとるという方法があります。

 

ご主人の書斎や子供の勉強部屋などを用意するのではなく
LDKの隅に机を据えつけたり、置いたりすることで書斎、勉強スペースを確保するのです。

 

部屋数を減らすことができますし、何より
家族全員が一つの部屋で過ごし、時間を共有できるというメリットもあります。

 

 

家族構成やライフスタイルによって最適な間取りプランが異なりますので
できるだけコストを抑えながら使い勝手の良い方法を考えてみましょう。

 

 

 

間取り以外に、建物のデザインでもコストを大幅に抑えることができます。

 

 

同じ面積でも複雑な形のデザインになるほど手間がかかるため、
その分コストが高くなってしまいます。

 

最もコストを抑えられるのは、壁面が凹凸などの複雑な形状をしておらず、
フラットに近いようなシンプルなデザインのとき

 

とくに1階と2階を同じ面積にして、箱のようなデザインにするのが一番良い方法です。

 

 

施工に必要な材料費を必要最小限に抑えられるというメリットがあり、
手間がかからないため人件費の削減にも繋がります。

 

最近はシンプルな注文住宅が好まれている傾向があるので、
抵抗なくコストカットにも繋げられそうですね。

 

 

土地の形状や広さによってはシンプルな構造の建物が建築できない場合もあります。
ハウスメーカーや工務店の設計士にあらかじめ確認しておきましょう。

 

土地を最大限に有効活用できて、さらにコストも抑えてくれる
そんな施工会社を見つけて、大満足の注文住宅を建てましょう。