注文住宅の価格を抑えるコツ

建築コストを抑えるためのポイント

 

できるだけ建築コストを抑えながら理想的な注文住宅を完成させるには、
ハウスメーカーや工務店にすべてお任せではいけません

 

自分自身でも積極的に家づくりに参加すべきです。

 

 

コストカットに施主は何の影響も与えられないと思い込んでいる方が多いですが
きちんと対応することで、かなりのコストカットに繋げることができるのです。

 

 

費用をかけるところにメリハリを

 

注文住宅には施主の要望を取り入れながら設計できるというメリットがあります。

 

それなのに、信頼できる施工業者だからと
何もかも設計士に任せては理想的な家からほど遠くなります

 

これでは注文住宅を依頼した意味がありませんよね。

 

 

こうならないためにも費用をかけるところと、抑えるところのメリハリをつけましょう

 

 

例えば、バスルームは疲れを癒す空間にしたいから
ゆっくり半身浴ができる大きな浴槽にしたい。
でも、キッチンは料理さえできればいいので、一番下のグレードでも構わない…など。

 

このほか、使用する建材などについても
できるだけ原価が安いものを採用すればコストダウンになります。

 

 

高額な費用となる設備や工法を求めると、必然的にコストは上がってしまいますので
絶対に実現してほしい要望をあらかじめ決めておくといいですよ。

 

同時に、ある程度妥協できる部分も考えておくと
予算が足りなくなったときに削る候補として使えます

 

 

すこし面倒かもしれませんが、紙やノートに書いたり
エクセルなどで表をつくっておくと、かなり役に立ちますよ。

 

 

 

自分で作業してコストダウンする

 

自分でできそうな作業は施工業者に頼まず
自分自身で行うと、かなりコストを削減できます。

 

免許が必要とされる、危険であるといった作業は素人では難しいですが、
誰でもできそうな事は率先して実践しましょう。

 

 

例えばカーテンや照明などの取り付けは素人でも簡単にできます。

 

自分が住む家だからこそ積極的に家づくりに参加すれば
コストカットにも繋げられますし、さらに愛着をもてるようになります

 

 

得手不得手があると思いますが、自分でできそうなところだけでいいので
チャレンジしてみることで費用以外の達成感も得られるのでおすすめです