注文住宅の価格を抑えるコツ

質を下げないための値引きにはどんなものがあるのか

 

「満足できる住宅を手に入れるために、高い品質の家を建ててもらいたい!」
と思う反面、
「高額な建築費用がかかるので、できるだけ値引きをして欲しい…」
と考えてしまいますよね。

 

 

ハウスメーカーや工務店に値引きをお願いすると
あっさり値引きしてくれるところがあります

 

でも値引きをしてくれているからといっても
品質を下げずに満足できる住宅を建ててもらえるかは別の話になります

 

 

例えば、値引き前には断熱材がしっかりと入った内容だったのに、
値引きをしてもらった分では断熱材が少ないということが…。

 

極端な例では、まったく入っていないということも。

 

 

「出精値引きでこの金額まで下がりました!」と営業マンが言ってくれたとしても
当初使用する予定だった部材を省かれていることも考えられます。

 

つまり値引きしたがために品質が悪化してしまうのです。

 

 

値引きによって注文住宅の品質を落とさないようにするには
値引き前の見積もりと、値引き後の見積もりの内容と比べてみて、
大事な部材を削っていないかなど確認して下さい。

 

 

 

質を下げないために

 

具体的にどのような努力で値引きできたのかが明確であれば、
手抜き工事による品質の低下は防げます。

 

 

品質を下げずに実質的にかかるコストを削減をする方法として、
VE(Value Engineering)案と言われるものがあります。

 

これは、建物の設計や工法は本来の機能を保ちながら建築するが、
よりコストを抑えた部材や設備などの代替え案をきちんと考えてもらって
価格を抑える、または値引きに繋げる方法のことです。

 

 

例えばシステムバスの値段はメーカーによって異なりますが
求めている機能を満たしていて、しかも価格の安いメーカーを提案してくれるのがVE案です。

 

 

施主が住宅に求めている機能に対して、コストをかけずに低価格で実現できる。
このような実力がある施工会社を見つけることができれば、
品質を落とすことなく価格を抑えることは可能です。

 

大手ハウスメーカーのように、これまで数多くの施工経験がある会社の場合、
様々なニーズに応えてきた実力があるので、良いアイデアがたくさん出てくるでしょう。

 

 

そう考えるとVE案もその会社が持つ匠の技の1つと言えます

 

信頼して家づくりをお任せするためにも
良いVE案を提案してくれる施工会社を見つけましょう。

 

 

では良いVE案を提案してもらうにはどうすればいいのでしょうか?

 

これにはできるだけ多くの会社から見積もりをもらって内容を精査することが必要です。

 

 

たくさんのVE案を提示してもらい、金額を抑えながら
理想の注文住宅を低価格で購入しましょうね。