注文住宅の価格を抑えるコツ

建物の形状や大きさで建築の費用が変わるのか

 

注文住宅では建物の形状や大きさによって建築の費用が変わります。

 

どうなれば建築価格がアップするのかわかっていれば
ハウスメーカーや工務店に設計してもらうときに費用を抑える提案ができます。

 

ムダに高く払いすぎないよう、次の内容は覚えておきましょうね。

 

 

低価格にできる形状とは

 

正方形の土地

できるだけ建築価格を抑えるには
建物の形状をシンプルにするのがポイントです。

 

 

例えば、正方形の箱型が費用を最も抑えて建築できるのです。

 

 

建物の形状が複雑になればなるほど費用が高くなる理由は、
材料を調整する手間がかかり、工期も長くなり、人件費が高くなるからです。

 

 

例えば外壁にサイディングボード(板状の外壁材)を貼る場合。

 

シンプルな形状なら、基本的には貼るだけの作業に専念できるため簡単です。

 

複雑な形になれば、長さを調整したり、
形を変えたりという作業が必要となるので非常に時間と手間がかかります。

 

 

作業内容がむずかしくなればなるほど、仕上がりは職人の腕にかかってくるため
手抜き工事も起こりやすくなります。

 

 

建築時にかかる費用だけでなく、数年後にはメンテナンス時期が来ることを考えても
シンプルな形状にした方がランニングコストも抑えられますよ

 

 

建物の大きさで価格は変わる

 

建物の大きさも建築価格に大きく関わります。

 

延べ床面積の広い建物になるほど使用する材料や手間がかかるため、
原材料費がどうしても高くなってしまいます。

 

反対に、狭い建物ほど材料の使用量を減らせるので、建築費用も抑えられます。

 

 

そうはいっても自分たちの理想的な注文住宅を完成させるためには
ある程度の広さは確保したいもの。

 

大きな建物でも、可能な限り建築価格を抑えたい場合は     
使用する材料などを変更すると良いでしょう

 

例えば・・・

建物大きさ

 

  • 内装工事に使う壁紙をできるだけ安い種類にする
  • キッチンやバスルームは贅沢せず標準グレードにする
  • 照明器具は極力シンプルにする
  • 来客をあまり通さない2階は、安い材料ですませる

 

などの工夫をして下さいね。

 

 

子供部屋に関しては壁や間仕切りを使って部屋を作るのではなく、
広い部屋にして、パネルや家具を活用して仕切る、
アコーディオンカーテンで仕切るなどの方法もおすすめです。

 

このように同じ大きさの建物でも
工夫次第でかなりのコストカットに繋がる方法はありますよ

 

 

 

 

注文住宅を依頼する会社を選ぶ際には、
価格を抑えるため、こちらの要望を聞き入れてくれたり
たくさんの提案をしてくれる会社を選びたいですね。

 

このためには希望している形状や大きさ(平米数)をあらかじめ伝えておいて、
具体的にこのくらいの予算で間取りを設計してほしいと複数社にお願いしてみましょう。

 

 

良い条件をスムーズに提案してくれて
要望する注文住宅に近い建物を作ってくれる会社が必ず出てきますので。