注文住宅の価格を抑えるコツ

建築工事費や諸費用など注文住宅を建てる際の内訳

建物イラスト

 

注文住宅を建てるためにかかる総費用の内訳は
本体工事費別途工事費諸費用に分けられます。

 

見積もりを受け取った際には、具体的にそれぞれの内容を確認し、
どこにいくらかかっているのかを確認してみましょう。

 

 

本体工事費

 

本体工事費には足場を組む仮設工事や建物の基礎部分になる基礎工事、
屋根の板金工事、壁の塗装工事など様々な費用が含まれています。

 

注文住宅を建てるためにかかる総費用のうち
約7〜8割程度が本体工事費で占められます。

 

 

別途工事費

 

本体工事が完了しても、
住むための箱が完成しただけに過ぎません。

 

実際に生活するためには水道や電気、ガスのライフライン工事、
物置、車庫が必要な場合には外構工事も必要になります。

 

このような生活できる状態にするためにかかる費用を、別途工事費と言います。

 

 

家を建てる土地に古い家が残っているなら、解体し、平地にするための解体工事費
地盤が弱い土地に十分な強度を確保するための地盤改良工事費も別途工事費に含まれます。

 

 

別途工事費に関しては人によって希望する内容が異なるため
一概には言えませんが、総費用の1〜2割近くを占める場合がほとんどです

 

 

諸経費

 

諸経費は、注文住宅に住むにあたって必要な手続きや税金にかかる費用です。

 

例えば住宅ローンを利用して注文住宅を建てる場合にかかるものとして
印紙代や事務手数料、抵当権設定登記費用・手数料、
保証料や保険料(団信・火災保険・地震保険)等があります。

 

金融機関によっては必要ない経費も含まれていますが、
これらの費用を用意しておかなければ住宅ローンを利用できません。

 

 

ほかにも引越し代、新しい家具・家電の購入費用なども
必要に応じて用意しておかなければいけません。

 

諸経費についても総費用の1〜2割を予算としてあげておいた方が無難です。

 

 

このほか、注文住宅を建ててからしばらくすると
不動産取得税などを納めなければいけません。

 

資金計画

これらの税金をすっかり忘れていて、お金を用意するのが大変だった
と言う方も多いため注意が必要です。

 

 

こうしてみると、家を建てるには、さまざまな費用がかかりますので
資金計画をきちっと立てることが大切です。

 

ハウスメーカーや工務店なども相談にのってくれますので
将来の予定を考えながら、無理のない資金計画を立てましょう。