注文住宅の価格を抑えるコツ

ハウスメーカーで注文住宅を建てる際のコストについて

 

注文住宅の依頼先としてハウスメーカーが候補に挙がると
真っ先に思うのが「良い家をできるだけ安く建ててほしい」ということですよね。

 

ハウスメーカーは、いい家を建ててくれそうだという安心感はあるものの
「価格はとても高そう…」というイメージもありますからね。

 

 

それでも最近では「坪単価30万円代でマイホームが持てる!」
とアピールしているハウスメーカーもあるなど
注文住宅をかなり安く購入できるようになった印象はあります。

 

とくに近年、人気のローコスト住宅と呼ばれるものがこれにあたります。

 

 

ハウスメーカーは、できるだけコストを抑えた住宅を設計するために
同じ部材を大量に仕入れるなど、コスト削減に励んでくれています。

 

 

コストダウン

このほかにも

  • 広告宣伝費を削る
  • 間取りのセミオーダー化
  • モデルハウスを作らない

 

など、徹底したコストダウンに努力を重ねて
低価格の注文住宅が実現できているのです。

 

こうなるとハウスメーカーにかかる標準的な建築コストと同等のコストで、
他の工務店、建築事務所などに依頼するのは難しいかもしれません。

 

 

ただし、コストの低さを実感するには
あらかじめ決められた規格の範囲内で注文住宅を依頼する必要があります。

 

土地の形や広さによっては建築できる建物の規格が制限されるため、
ハウスメーカーがあらかじめ設計したものでは建築できないことも。

 

 

標準的な仕様ではなく、様々なオプションを付けたり、
元々設計していたデザインとかけ離れた注文をすると、
コストがかなり高くなってしまいます。

 

そうなるとローコストの恩恵は受けられません

 

 

このように、
あらかじめ決められた規格から大きく外れてしまうとコストが高くなってしまう点
はハウスメーカーのデメリットの1つと言えます。

 

 

それでも、建物の本体価格やそれ以外にかかる費用として
どのくらい必要なのかは会社によって異なります。

 

それぞれの状況に応じて、どこが一番建築コストを抑えられるのか
できるだけ多くの相見積もりをもらって、多くの選択肢から検討することがとても重要です。

 

 

 

自由度が高い注文住宅を要望している方にとっては
ハウスメーカーに依頼するよりも他の工務店などに依頼した方が良い場合もあります。

 

理想の家を建築するために必要な要望が多くなるほど、
ハウスメーカーに比べて自由がききやすい工務店などの方が
価格を抑えられる可能性が高くなりますからね。

 

このような場合には、ハウスメーカーだけでなく
工務店を含めた複数の会社にも見積もりしてもらいましょう。

 

 

検討するための時間はかかりますが、
「良い家をできるだけ安く建てたい」
という要望に近い注文住宅が建てられるようになりますよ。