注文住宅の価格を抑えるコツ

消費増税でも戻ってくるお金は増えるのです

 

2014年4月から消費税率が5%から8%に引き上げられ、
さらに2015年10月には10%に増税される見込みです。

 

毎日のお買い物でも少し負担が増えた印象を受けますが、
注文住宅は価格が高い買い物なので、消費増税の影響はかなり大きくなります。

 

 

例えば、価格3000万円の注文住宅の場合、
消費税率5%のときには150万円ですんだものが、
8%になると240万円、10%では300万円にも増額されます。

 

 

消費税率が上がり、住宅の購入費用が高くなると、
住宅ローンの借入額も増え、支払う利息も増えてしまいます

 

これは毎月の返済額アップにつながるので
「注文住宅の購入を控えようかな…」と思う方が多くなります。

 

 

新築一戸建ての購入が減ると、
建築会社や関連する会社の業績が悪化するため
日本全体の景気も悪くなってしまいます。

 

このような事態を避けるために、政府は次のような対策を講じることで
消費税アップによる負担額を少なくしているのです。

 

 

 

住宅ローン減税

 

これまでも住宅ローン減税制度はありましたが 
消費税率がアップすることに伴い、最大控除額が増えます

 

 

2014年3月末までに入居した場合には、控除対象借入限度額が2000万円で
住宅ローン減税の最大控除額は10年間で200万円でした。

 

それが2014年4月1日以降の入居から拡充され、
10年間で最大400万円まで控除額が引き上げられることになります。

 

 

年末におけるローン残高が2000万円を超える方にとっては、これまでより
住宅ローン控除の還付金が数十万円〜数百万円も増えるので大きなメリットと言えます。

 

 

ちなみに、長期優良住宅、低炭素住宅ではさらに優遇され、
控除対象借入限度額は5,000万円、最大控除額は500万円となります。

 

 

 

すまい給付金制度

 

住宅ローン減税が大幅に拡充されても
収入が低い方は控除額が小さく、大きなメリットとは言えません

 

 

これを補うために作られた制度が、すまい給付金制度です。

 

 

消費税率アップ後に住宅を購入した方に対して現金が支払われるのですが
収入に応じて支給される金額は変わる仕組みとなっています

 

 

消費税率が8%の場合は、収入が510万円以下の方に最大30万円が給付されます。
今後10%に引き上げられた場合は775万円以下の方に最大50万円が給付される予定です。

 

すまい給付金には申請が必要ですが、すぐに給付されるわけではありません。
所定の手続きを完了してから約2ヶ月後に給付となりますのでご注意ください。

 

 

すまい給付金の申請については、注文住宅を請け負う施工業者が代行できるので
詳しい内容については依頼する会社にご確認ください。

 

 

 

消費税率アップによって、建物の消費税だけでもかなり負担が増えますが
このような2つの制度を賢く活用して、できるだけ増税のデメリットを軽減しましょう。

 

そうすれば消費税の影響を感じることなく、理想の注文住宅を購入できますよ。